検索
  • 大井駿

BRAHMS Fantasies Op.116

最終更新: 2018年8月7日

ブラームス: 幻想曲 作品116

ピアノ独奏のために書かれたこの曲は1892年、ブラームスが59歳の時に作曲されたと言われています。

59歳というと彼が亡くなる5年前のことです。いわゆる晩年の作品です。

オーストリアはザルツブルク近郊の温泉町、バート・イシュルで毎年夏を過ごしていた彼は、同年夏にこの作品を含めたピアノ小品集4曲(作品116から119)を作曲しました。


同年11月にベルリンのジムロック社より出版、タイトルは現在と同様「幻想曲」でした。

彼が幻想曲と名づけた作品は生涯にわたってこの曲のみです。



初演

ピアニストだったブラームスは、自分の作品は自分で初演することが多かったのですが、晩年になってからはその頻度は低くなります。この作品に関しても例外ではなく、それぞれの作品がブラームス以外のピアニストによって初演されました。


第1番〜第3番 1893年1月30日  イグナツ・ブリュル (ウィーン)

第7番     1893年2月18日  イローナ・アイベンシュッツ (ベルリン)

第6番     1893年3月15日  ベルンハルト・シュターフェンハーゲン (ウィーン)

第4番、第5番 不明



作品について

7曲の小品によって構成されています。

うち3曲は奇想曲(カプリッチョ)、残りの4曲は間奏曲(インテルメッツォ)という、すべて題名のない簡素な形式で書かれています。


第1番 奇想曲 ニ短調

第2番 間奏曲 イ短調

第3番 奇想曲 ト短調

第4番 間奏曲 ホ長調

第5番 間奏曲 ホ短調

第6番 間奏曲 ホ長調

第7番 奇想曲 ニ短調


なんだかまとまりのない羅列に見えます、、

しかし。奇想曲という名前は第1番、第3番、そして終曲の第7番に付けられていますが、この3つの小品は主題、和声ともに深い共通点を持っており、「幻想曲」としての作品全体に統一感を持たせているのです。さらに、"7"という数字もおそらく深い意味を持っていたことも推測できます。


知れば知るほど面白い「幻想曲」の世界を、ミクロな視点で曲を見ていきましょう!


大井駿



BRAHMS Fantasies Op.116

Fantasies Op. 116 for piano solo was composed when he was 59 years old. It was just 5 years before his death at the age of 64. Namely we can say it is the work in his later life.

He had been used to stay in Bad Ischl (near Salzburg, and well known for its hot spring "therme") every summer, and he wrote not only Op. 116, but also Op. 117 to 119 in Bad Ischl.

Fantasies Op. 116 is the only piece which Brahms named "Fantasies".


It was published in 1892 from Simrock in Berlin.


Capriccio and Intermezzo

Fantasies Op. 116 consists of 3 Capricci and 4 Intermezzi.


No.1 Capriccio in D minor

No.2 Intermezzo in A minor

No.3 Capriccio in G minor

No.4 Intermezzo in E major

No.5 Intermezzo in E major

No.6 Intermezzo in E minor

No.7 Capriccio in D minor


It seems random at least for me...

However it has strong relation among 3 Capricci (No.1, No.3 and No.7), and the relation unifies whole Fantasies Op.116.


Let's discover each pieces one by one!


©︎2018 Shun Oi

© 2018 by Shun Oi

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon